高血圧は朝に症状が出る?運動や水の効果は?高い・強い頭痛が出る?

血圧は1日中一定しているわけではありません。体の動きや感情の変化などに影響されて、高くなったり低くなったりしています。通常、血圧は夜寝ている間は低く、朝方から午前中にかけてゆっくりと上昇し、昼間は高くなっていきます。
ところが最近、治療している高血圧の患者さんの中で、昼間の血圧は正常でも朝の血圧が高くなる患者さんがいることがわかってきました。このような高血圧が早朝高血圧と呼ばれ、注目されています。
早朝高血圧とは、早朝家庭で測定した血圧平均値が135/85mmHg以上の場合と定義しています。早朝高血圧は外来の診察室で測定すると正常で、治療を受けている場合でも、あたかもうまくいっているようにみえるため見過ごされやすい疾患です。また、高血圧の中でも特に危険なのは早朝高血圧といわれています。早朝には脳卒中や心筋梗塞などの発症が多く、早朝血圧は脳・心臓・腎臓すべての心血管リスクと有意に関連しています。
症状もなく、気づかないうちにこれらの疾患が発症する可能性があり非常に危険です。
早朝高血圧が起こる原因と危険性
睡眠から目覚める早朝時には交感神経の働きが活発になることから血圧は生理的に上昇します。
こうした生理的な血圧変動は健康な若年層には問題になることがありませんが、以下のようなケースには注意が必要です。
1.高血圧の服薬治療が不十分である
降圧剤(高血圧の治療薬)を服用している人の中には、効果が十分に得られていないため夜間から明け方にかけて血圧が上昇するケースがあります。
2.糖尿病や腎臓病、睡眠時無呼吸症候群などの持病がある
自律神経の障害を来すとされるこれらの病気は、夜間も血圧が下がらず明け方にかけて上昇し、早朝高血圧の状態になりやすいといわれています。
3.高齢者
高齢者の場合は、夜間血液が濃くなった状態に血圧上昇が起こることで、脳卒中や心筋梗塞などの病気を発症するリスクが高くなります。
4.不規則な生活、精神的なストレス、深酒
日中の血圧が正常値で健康診断などで高血圧と診断されていない人の中にも、早朝高血圧の状態にあったり、そのリスクが高い場合があります。
自律神経の障害を起こしやすい睡眠不足や不規則な睡眠、睡眠の質を低下させるストレスなども早朝高血圧の原因となります。
また、深酒は睡眠の質を低下させるだけでなく脱水を引き起こすことからも、さらに早朝高血圧のリスクを高めます。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。