高血圧が原因のめまいはなぜ?ふらつきや吐き気の対処法は?

高血圧によって血圧が高い状態が続くと、

身体に様々な症状が現れてきます。

その症状の中に吐き気やめまいがあります。

高血圧である人にこの吐き気やめまいの症状が出た場合は、

脳の血管に障害が生じている可能性があります。

網膜から出血しているということも考えられ、

脳出血やくも膜下出血能動脈硬化症、脳腫瘍、脳梗塞などの

病気に発展しているかもしれません。

これらは高血圧による動脈硬化が原因であり、

最悪の場合死に至るケースもあります。

スポンサードリンク

「めまい吐き気」の画像検索結果

なぜ高血圧で吐き気やめまいの症状が現れるのでしょうか?

なぜ高血圧で吐き気の症状が現れるのかというと、

脳内の血液循環に異常が起き、脳の内圧が高まることで延髄にある

嘔吐中枢神経が刺激されてしまうからと言われています。

また、

高血圧により耳の中にある三半規管という部分の血液が不足することも嘔吐の原因の1つです。

「めまい吐き気」の画像検索結果

三半規管の血液が不足していくと平衡感覚が失われ、

めまいや吐き気が起こり、嘔吐に繋がる場合もあります。

高血圧自体には自覚症状がありませんが、

この嘔吐のように高血圧が原因で身体に負荷がかかることにより

何かしらの症状が現れてきます。

些細なシグナルかもしれませんが、

それは重い病気の前触れかもしれません。

絶対に見落とさないようにしましょう。

=====

こちらは如何でしょう?

整体師が教えるアンチエイジング無料メールセミナー

:血管若返りのための5つの生活習慣

5日間無料メールセミナー

=====

これらのことから高血圧で嘔吐の症状があるひとは、

放置せずになるべく早く病院で診察を受ける必要があります。

高血圧は何が起きるかわからない病気なので、

高血圧患者の家族や周りの人が気を付けてあげることがとても大切です。

スポンサードリンク

高血圧が原因で引き起こすめまいと吐き気の対処法は?

めまい

まずは本当に高血圧が原因で頭痛と吐き気がでているのか

しっかり判別するためにも一度は病院へ行くことをお勧めします。

なぜなら、確かに高血圧が原因でめまいや吐き気等を引き起こす可能性はありますが、

先ほど述べた「くも膜下出血」「脳梗塞」等の脳血管障害を発症している場合があるからです。

命に関わる危険性もありますので

、病院へ必ず一度は通うことをお勧めします。

そして、脳血管障害等の病気ではなく、吐き気やめまい、

頭痛があった場合は、高血圧が原因かもしれないので、

こちらの記事を参考に・・・・

今回はストレッチについてさらに詳しくご紹介します。

(こちらの記事には具体的なストレッチのやり方をアップしています)

★ストレッチをすると血圧が下がります!!

なぜストレッチをすると血圧が下がるのでしょうか?

illust4230

「ストレッチをすると血圧が下がる」と言うことは既に科学的にはしっかりと証明されているのです。

ストレッチをすると血圧が下がる理由・・・・・

それは「筋肉の柔軟性」にあったのです。

そもそも年齢とともに血圧が上がる理由として、

「動脈硬化」が色々なところでその原因と言われていますが、

それ以外にも実は「筋肉の柔軟性の欠如」が血圧が上がる理由として上げられているのです。

で、なぜ「筋肉の柔軟性の欠如」が血圧が上がる理由として言われているのかと言うと、

筋肉の柔軟性がなくなってしまうと筋肉が硬くなり、

筋肉中の血管が硬い筋肉に圧迫されて血行が悪くなる結果、

血圧が上がってしまうからです。

ですから「体が硬い人」って言うのは「筋肉が硬い人」なので

高血圧にもなりやすいのです。

よく昔から「体が硬い人は怪我をしやすい」と言われていましたが、

実は「体が硬い人は病気(高血圧)にもなりやすい」のです。

★  ★  ★  ★  ★

脂質異常症や高血圧などの生活習慣病の原因の一つに「活性酸素」があります。

身体をさび付かせてしまう活性酸素を除去してくれるのが珪素

手軽にとれて携帯もできるこちら↓がお勧めです

★  ★  ★  ★  ★

まとめ

めまいや吐き気はとても嫌な症状です。

その原因も多岐にわたります。

めまい、吐き気の原因が高血圧にある場合は、

それに頭痛が伴なうようであれば、命にかかわるような危険がないとも言えませんので、

即、

主治医の指示に従ってください。

そもそも、高血圧などの生活習慣病は、

自覚症状の出にくいものでサイレントキラーと言われている病気です。

健康診断などで、血圧、血糖値などに異常が出ている場合は、

主治医と相談しながら、まずは生活を見直して、

健康診断の結果を改善できるような生活に切り替えることです。

これはすぐに結果が出ることではありませんが、

長い目で見ると一番必要なことです。

急を要することは、迷わず病院へ、

長い年月を経て体に負荷をかけてしまった現状は少しづつ改善していくのが一番でしょう。